スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

息子とマクロビ

 私には中学二年生の息子がいます。

小学校三年生までは“玄米とは何者だ?”という感じの、

いわゆる普通の食事で育ってきたので、

マクロビ食に抵抗を持つこともあるみたいです。

仮にあるおかずが気に入ったとしても、

ちょっとヒネた感想を言ったりします。


 例えば、豆乳ともちきびソースでグラタンを作った時など

「これはこれで美味しいけど、グラタンじゃないよね。」とか

雑穀と野菜を具にしてギョーザをつくれば、

「うまいけど、肉なしでもギョーザって言うの?」とか・・

こんな感じです。


でもおかず類は、まあまあ美味しく食べてくれていると

思います。


 問題は、マクロビアンにとって一番の押さえどころの玄米

が、好きではないということです・・。

食べられないほど嫌い・・というわけではないのですが、

玄米を前にすると、

   「今日は白米じゃないんだ・・」と

ガッカリモード全開です。


 今までは、「三食のうち一食でも玄米にしようよ」と言って

いたのですが、あまり気が進まないのに黙々と玄米を食べ

ている姿をみているうちに、

   “これは何かが違うよなあ・・”と、

自分の中でハッキリ理解できたので、

 「もう無理して玄米は食べなくてもいいよ」と言いました。

息子は突然のこの言葉に、少し驚いたようですが、

 「大人になったらお母さんみたいに、玄米が好きになる

 かもしれないけど、いまは白米が好きなんだ・・

 でもたまになら玄米も食べるよ」

と、言ってくれました。


 きっと私に気をつかっているのだと思います。


どんなに玄米が優れた食品でも、

いくら身体にいいからと言われても、

やっぱり日に三度の食事は、ニコニコ!美味しく!

・・これが一番大切なんですよね。


 もっと息子が大きくなって、

一人暮らしをするようになった時・・

もしかしたら、外食やコンビニ弁当ばかりの生活になるかも

しれませんが、

そんな時にふと、食の大切さについて私が伝えてきたこと

を思い出してくれたり、

 「お袋の作ってくれたマクロビご飯・・あれはあれで

 なかなか美味しかったな・・・

 どれ!俺も味噌汁でも作ってみるか!」

な~んて思ってくれたら嬉しいなぁ・・。


だから美味しいごはんを作ります。

やさしい気持ちをこめるのも忘れずに・・。








スポンサーサイト
[ 2008/09/29 11:25 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)

やくらい山

久々の秋晴れ

嬉しくなり友達を誘って急きょドライブ・・・

目的地は宮城北西・・やくらい山


やくらいガーデンに行ってきました。

コスモス畑が目当てです。

残念ながら満開には少し時期が早過ぎたようですが、

それでもとってもキレイでした。



コスモス




敷地面積は思っていたよりもずっと広くて、

英国庭園を思わせるような、美しい緑あふれるところに、

可愛い白い教会があったり、

色とりどりのバラが咲いていたりと、

日常生活を忘れて癒される一時でした。



教会




緑と青空のコントラストが、とにかく美しかった!




ススキと秋の空




地ビール「やくらいビール」も美味しかったです。

酵母が生きてる!!という感じです。



運転手さん、ゴメンナサイ・・  m( _ _ )m





[ 2008/09/25 10:11 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

美しい人

 美しい女の人が大好きです。

ただそこにいるだけで、涙がでるぐらい美しい人・・

そんな人に会ってみたいと思います。


 世の中に美しい人はたくさんいるけれど、

すべてのタイプがOKというわけではありません。

変な話だけど、好みがあるのです。

芸能人で言えば誰々とか、そういう世界ではないのですが、

ある小説の登場人物が、まさに私の理想の人だったので、

紹介したいと思います。


 小川洋子さんの「冷めない紅茶」という小説です。


話の流れを要約させていただくと・・・

主人公の女の人は、若くして事故で亡くなった、中学の

時の同級生の葬儀に出席しましたが、その帰りに、

やはり同級生だった男の人にバッタリ再会します。

その男の人は、後日彼女を家に招待し、彼女は出かけて

行きますが、玄関で出迎えてくれたのが、彼ではなく

女の人だったことに、不思議と戸惑ったり動揺することは

なかった・・とあります。

その理由は、彼女が出会ったその女の人が

とても美しかったからです。


 小説には、その美しさが次のように書かれています。


 「それは彼女が、にじむように美しかったからだと思う。

  手に取って確かめようとすると、溶けてしまうような

  美しさだった。

  瞳の奥には澄んだ一点のきらめきが映り、

  束ねた髪の一本一本はしなやかに揺らめき、

  指先にはバレリーナのように優雅な表情があった。

  そしてその美しさには、手付かずの清らかさがあった。

  彼女はお化粧もせず、アクセサリーもつけず、

  ただ木綿の白いエプロンをまとっているだけだった。

  積もったばかりの雪のように、飾り気がなかった。」


 小説には、女の人の年齢は書いてないのですが、

話の内容から推測すると、彼より7才ぐらい年上の

30台前半だとおもいます。

彼女は外見も美しいのですが、きっと内面の美しさが

際立っており、それは誰の目から見ても明らかなので、

“にじむように美しかった”のでしょう。


 取り留めのない話になってしまいましたが、きっと私は

「美しいものは感動と癒しを与える」ということを言いたい

のだと思います。


 自然であれ、

 人や動物であれ、

 心の琴線に触れる芸術であれ・・

 愛や慈しみ、夢や希望・・

 それらの美しいものには力があります。


できることなら、もし許されるのなら・・

美しいものにたくさん触れていたいですね。


 今日のブログは思い切り自分の世界でゴメンナサイ。

読んでくれた方々・・本当にどうもありがとうございました。


[ 2008/09/23 17:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

梅醤葛

 寝る前なのに、甘いものをたくさん食べてしまいました。

そうすると、やっぱり次の日の朝は、心も身体もダルダル、

ウツウツ・・プチうつ状態です。


 そこで、梅醤葛を作ってみました。

この飲み物は、血液をきれいにして強化し、エネルギーを

回復させるものなんだそうです。

お水、梅干、葛粉、醤油があれば簡単にできちゃうのも

魅力です。


 どれどれ・・と作り、恐る恐る飲んでみました。

すごく美味しい!というわけではないけど、

なんとなく懐かしい気もして、抵抗なく飲めます。

梅のすっぱさで、ダルダルだった身体もシャキッとし、

心なしか元気が出てきたみたい・・。


 その後はいつもどうり、朝食の準備や他の家事もこなす

ことができて、一安心です。


 午前中あんまり調子が良かったので、調子に乗って午後

も、梅醤葛を飲んでみました。(飲みすぎかもしれません)

やっぱり調子がいいんですねー。

お昼ね大好きな私が、お昼ね無しでフル回転で働けます。


効果あり・・梅醤葛です。


でも他のひとに言わせると、私は“小麦粉を飲ませても効く

タイプ”らしい・・


でもでも・・やっぱり効果アリだと思うんだけどなぁ。




[ 2008/09/20 10:32 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)

オーデコロン作り

次回のアロマテラピーサークルでは、オーデコロンを作る予定です。

私自身、しばらくオーデコロンは作っていなかったので、

予習を兼ねて作ってみることにしました。



まず頭の中で香りのイメージを思い浮かべます。

今回はぶどう・・とびきり甘いぶどうをイメージしました。



最初に思い浮かんだ精油は、クラリセージです。

クラリセージは、昔ドイツでワインの香りづけに使われていた、

というだけあって、甘くて芳醇な香りはぶどうにピッタリです。

ただこの香りは、人によって好き嫌いが分かれるかもしれません。

私は“甘い紅茶の香り”というイメージを持っていて好きなのですが、

人によっては“シロップ薬みたい”とか、

“キツイ匂い”とか、あまり好ましい印象を持たないようです。

クラリセージの香りを、“おばあちゃんの家のタンスの匂い”

とか“シソの匂い”とか表現する人たちもいました。

香りのイメージは、本当に人によって千差万別で面白いです。



話を精油のブレンドにもどしますね・・

“ただ甘いだけじゃなく、うっとりと陶酔するような深みが

欲しいわ・・”と思い、パチュリをほんの少量加えます。

さらに“ぶどうのえぐみも少し加えて香りをまとめたいな”と、

プチグレインも入れてみることにしました。


  
  出来上がったレシピは次のとうりです。

    ・パチュリ   1滴

    ・クラリセージ 3滴

    ・プチグレイン 4滴



サークル会員の皆様の中には、精油を使い慣れていない方も

いらっしゃいますので、

今回はシンプルに3種類の精油で香りをまとめてみました。

これを1~2週間寝かせてから使います。

寝かせている期間は、一日一回やさしく混ぜて、

香りをなじませていきます。

出来たては、プチグレインの香りが少し強めに出てしまい、

“ぶどうというよりミカン系?”という気がしないでもないのですが、

寝かせているうちに、まろやかな香りに変わっていくことを期待して・・。

今から使うのが楽しみです。



[ 2008/09/17 15:09 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)

シリアルバー

クシマクロビオティック・ベーシックコースのレシピカードに

あったシリアルバーを久々に作りました。

080913_1549~01


レシピの材料は

  ・玄米フレーク

  ・オートミール

  ・パンプキンシード

  ・白いりごま

  ・米飴

  ・甜菜糖

  ・塩少々


今回はこれにレーズンを加えています。

材料をそろえればものすごく簡単にできるので、

食べたいな・・と思った時が作り時です。

米飴を使っているせいか、なぜか懐かしい味がします。

息子もお気に入りのお菓子です。


[ 2008/09/15 09:23 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)

玄米ごはん

私と玄米との出会いは今から30ウン年前、小学生の時でした。

クラスで稲を育てていたのです。稲作といっても田んぼではなく、

教室の前の狭いスペースで育てていました。

秋の収穫を迎えると、先生は玄米ごはんを炊いてくれました。

その玄米ごはんが、すごく美味しかったのです。

表面はツヤツヤ、ピカピカと輝き、白米よりもしっかりとした味があって

モチモチしていて、ちょっと油っこい感じもして・・。

玄米は小学生だった私の心と身体に、穏やかな、

だけどとても強いエネルギーを与えてくれるものでした。



家に帰るとさっそく母に「玄米炊いて」と頼みました。

ところが母は「玄米なんて昔の食べ物だよ」と言ったのです

よく覚えていないのですが、玄米は食料があまりなかった

貧しい時代の食べ物だ・・みたいなことを言ったと思います。


そのようにして私と玄米との出会いはあっけなく終わってしまい、

30ウン年間白米を食べ続けることになるのですが、マクロビオティックと

出会ってから再び玄米を口にするようになり、

今ではほぼ毎日、6年間玄米を炊いています。



でも、“これだ!”という味にめぐり逢えないのです。

圧力鍋、土鍋、炊飯器といろいろ試すのですが、どこかピンとこない・・

もちろん美味しいことは美味しいのですが、何かが足りない・・という感じ。

先日のスクーリングで習った炊き方が一番美味しいので、

今はこの炊き方で落ち着いていますが、私の飯炊き修行は

まだまだ続きそうです。



小学生の時に先生が炊いてくれた玄米ごはん・・

きっとあの味を求めているのだと思います。


[ 2008/09/14 12:00 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)

ピクニック

 かねてから行ってみたかったカフェ・レストランにランチを

食べに連れて行ってもらいました。

人気があってすぐに満席になるという話だったので、11時

開店のところを11時15分頃に到着したのですが、すでに

駐車場は満車で、今回はあきらめることになりました。



 やっぱり悲しかったですね・・。

遠くまで連れて来てくれた友達にも“悪かったな・・”と凹みました。



でも切り替えの早い私・・・

次の瞬間白昼夢をみていました。


   “ああ・・ピクニック・・!”

   “ピクニックがしたいよぅ!!”


その日はとても天気が良く、少し気温は高いけど爽やかな風が吹いていたのです。

まさにピクニック日和という感じ。



私の頭の中は、徐々に妄想で膨らんでいきました。



大きな籐のバスケット・・その中にはプラスチックではなくて、

陶器のカップ&ソーサーやお皿、銀のフォークやナイフが並んでいます。

それにワイングラス・・

ワインは白と赤のハーフボトルが一本づつ

(ビールは大好きだけど、この場では×です)

とても美味しそうなサンドイッチも入っています

(おにぎりは大好きだけど、この場では×です)

何種類かのチーズと、なぜかナビスコリッツ・・

そして手作りのケーキやクッキー、果物なんかもあります。

バスケットにはポットも入っていて、食後に楽しむ濃い目のコーヒーが

入っています。

食事とお酒を楽しんだ後は、アコーデオンの演奏が始まり、

みんな楽しそうに歌ったり踊ったりしています。



私の妄想は止まりません!!

もうすっかり赤毛のアンの世界です。

ふと白昼夢の中の自分の姿に目を留めてみると、

フワッとスカートが膨らんだドレスに白いレースの日傘をさしているのです!



そんな風に妄想が最大限になった時・・

「そんなことあるわけないでしょ!!」と

白昼夢から目が覚めました。

時間にして一分くらいかな?でも結構楽しかったです。



これは夢の話だけど

私はドレスに日傘でピクニックはしないけど

食器もたぶんプラスチックだろうけど

やっぱりピクニックがしたいです。

これからの季節・・気持ちが良くてホントに楽しいだろうなあ・・



あきらめたカフェ・レストランにも、

近いうち再チャレンジしたいです。



今度は10時半頃に行けば大丈夫かな?

結果はまたブログでお伝えしますね。




[ 2008/09/11 10:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

フランキンセンス

 日本アロマ環境協会 (旧日本アロマテラピー協会) の一級検定を受ける時、

精油の嗅ぎ分けもあったので、検定用のキットを買ってきて

毎日、毎日・・・クンクン、クンクン・・

もう鼻がバカになるくらい香りを嗅いでいました。



 その当時小学4年生だった息子にも協力してもらい、

精油を浸み込ませたムエットを「これな~んだ」と差し出してもらい

香りを当てる・・ということを繰り返していました。

今となってはまだ小さかった息子との、心温まる懐かしい思い出でもあります。



ユーカリ、スイートマージョラム、ローズマリーあたりの香りがゴッチャになって

しまうこと、スイートオレンジとグレープフルーツの香りの違いが判らなくなって

しまったことなど・・などが思い出されます。



そんな中で毎回決まってと言ってもいいほど、クンクンすると

「何これ!いい匂い!」と、我知らずにオーバーなリアクションを

してしまう精油がありました。

それがフランキンセンスです。

求めている香りは、嗅いだ瞬間にパッ!というヒラメキがありますが、

まさにそれでした。

アロマが好きな方でしたら、どんな香りかはご存知だと思うのですが、

スパイシーでもあり、ウッディー調でもあり、甘くもあり・・

そして少しだけレモンのような香りもします。

非常に歴史が古く、古代エジプト、バビロニア・・ギリシャやローマ、

そして現代でも中近東やヨーロッパ諸国において、日常生活や宗教儀式で

用いられてきたものです。

呼吸を深くゆっくりとスローダウンさせ、瞑想に導きます。

ヨガをする時にもふさわしいということです。


 私がどんな時にフランキンセンスを使うのかというと、無性にこの香りが

欲しくなった時・・と言うほかないのですが、この香りを嗅ぐと

身体ごと心地よい場所に連れて行かれたような感覚になります。


 以前アロマの講習会で講師の先生が、選んだ精油でその人の心理状態がわかる

という心理ゲームのようなものをしてくれました。

その時私が選んだのもフランキンセンスそしてレモン。

先生は「あなたは自分を浄化したいと思っている」と言いましたが、

その通りだったかもしれません。

 それから、しわやたるみの予防や、皮膚細胞の成長を促す作用があるので

手作り化粧品に入れて、せっせと使っています。



ちなみに、協力してくれた息子は

その時私と一緒に数種類の精油の名前を覚えてしまいました。

月日は過ぎ、それらの名前は忘れてしまったようですが、

今でもアロマポットに精油を垂らして

「これな~んだ」と聞くと、

どんな精油でも (さすがに柑橘系はわかるようですが)

どんな時でも決まって、「イランイラン」と言います。

どうやらイランイランの名前だけは忘れていないようです。





[ 2008/09/09 12:48 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)

心地よい眠りのために

月に一度開催しているアロマテラピーのサークルですが、

先月のテーマは「心地よい眠りのために」でした。

不眠症対策・・というよりも、寝る前の時間も含めて眠りを

楽しんでいただけたら・・と思い、話を進めていきました。

アロマテラピーのサークルですので、鎮静作用や抗不安

作用のある精油をいくつかご紹介しましたが、その他にも

自分で下調べしていく中で興味深いことがありましたので、

短くご紹介したいと思います。

心地よい眠りのためには、まず第一に、なるべく自然に則し

た生活をおくる・・ということです。理想を言えば、日の出と

ともに起き、日中はよく活動し、日が落ちたら家で静かに過

ごし、眠くなったら寝る・・ということですが、これは忙しい

現代人にとってはとても難しいことですよね!ではせめて、

夕食を済ませたら(少なくても寝る3時間くらい前に食事を

済ませておくことが、質の良い眠りをとるためのコツと言わ

れています)出来る範囲内でなるべく静かに過ごす・・という

のはいかがでしょうか?テレビを消して、リラックスできる

音楽や静かな会話の流れるラジオ番組などを楽しんだり、

軽い読書もいいですね。(ワクワク、ドキドキ系や怖い系は

避けたほうがいいです)美しい風景の写真集など眺めるのも

ステキです。灯りも蛍光灯のような明るいものではなく、ラン

プシェイドのような柔らかな光がいいですね。

それから、寝るためだけだから・・と、寝室をおろそかにして

はいけないということでした。一言で言ってしまえば心地よい

寝室作り・・ということなのですが、一番大切なのは美しく

整えられていること・・なぜなら人間の潜在意識に最も暗示

がかかりやすいのは、眠る直前と目覚めの瞬間なんだ

そうです。だから一日の終わりに見るのがゴチャゴチャで、

目覚めて初めて見るのもゴチャゴチャでは、精神衛生上

とてもよくない・・なんだか心にマイナスエネルギーが溜ま

る気がしませんか?

また人間が眠りにつく時は、五感はこうしてスイッチが

切れていくそうです。


 目は閉じられ、音が聞こえなくなってきて、香りは過ぎ、

 肌触りだけが最後に残る・・


だからリネン類やパジャマなどの素材も大切なんですね・・

コットンや麻、絹などの天然素材がいいと言われています。

最後に・・私にとっっての心地よい眠りのための精油は、

やはり定番のラベンダーと、それからベルガモットです。

その時の直感で選んでいますが、私の場合ラベンダーは

“クヨクヨ、メソメソ・・どうしよう・・”タイプに、ベルガモットは

“興奮”タイプにいいみたいです。

でも、あまり作用とか効能とかには囚われず、好きな香りを

直感で選んでいただくのが一番だと思います。

ちなみに、一般にラベンダーは不眠にいいと言われていま

すが、使いすぎるとかえって神経を興奮させます。

どんな精油でも使いすぎは禁物ですが、どうぞ控えめ

にお使いください。

[ 2008/09/07 13:49 ] サークル活動 | TB(0) | CM(0)

ダイエット

中学三年生の頃から、私の生活の中には

いつもダイエットがありました。


“痩せればすべてが上手くいくのに・・”

“痩せれば何でも出来るのに・・”


そう思っていました。


ものすごく痩せた時期もあるし、リバウンドした時期も

ある・・その繰り返しでした。

でもマクロビオティックを学んでいくうちに、段々体重のこと

を考えなくなってきて、体重計に乗る回数も減りました。

体重のことよりも、“今これを食べたら、こんなに食べたら・・

心と身体を痛めつけるから可哀想・・”と、

自分で自分をいたわる気持ちが生まれたのです。

欲を言えばもっとやせていたいけど、きっと今の体重が、

私にとってふさわしくて居心地がいい状態なんだと

思えてきて、とても気持ちが楽になりました。


マクロビティックに強く惹かれたのは、

ある本に「マクロビオティックは心と身体を自由にする」と

あったからです。もう6年間も、どうにかこうにか自分なりに

マクロビオティックを続けてきましたが、“ダイエット”という

囚われから自由になりつつあるのかなぁ・・と、この秋空の

ように清々しい気持ちでいられます。


これもまたひとつの幸せです。


[ 2008/09/05 16:12 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)

月桃

080903_1204~01

 
月桃・・げっとう・・!

私が大好きな香りです。

ニックネームはここから取りました。

“月の桃”・・ムーンピーチです。

 この香りを始めて嗅いだ時、頭の中にパーッとある風景

が浮かんできて、衝撃的でした。どんな風景かと言うと・・

季節は今よりもう少し秋めいていて、でもまだ本格的な秋ではなくて、

日中はまだ気温が高いけど、朝晩は空気がひんやりしている・・そんな季節です。

夜が明ける寸前、まだ空も空気もほの暗く青い、シーンという音が聞こえて

きそうな程、静謐さが漂う里の風景・・いきなりそんな情景が浮かんで来たのです。


私の胸は高鳴りました。


でも、それはとても厳粛な気持ちでした。

どんな香りかを一言で言うのは、とても難しいのですが、

強いて言えば、ローズマリーとユーカリとゼラニウムを混ぜたような香り?

でも何かが違うような気がして・・やっぱりうまく表現出来ません。

ショウガ科の植物と言うことだけあって、心と身体に染みとおるような

香りがします。

 

月桃には防虫、防カビ、防菌等の効果があるので、沖縄の人たちはお茶として、

虫除けとして、また、カーサームーチーと言うお餅を包むのに、月桃の葉を使う

などして利用してきたそうです。

またスキンケアにもとても効果的なので、化粧品にも月桃の精油が入っている

物があります。



「生活の木」で1ミリリットル入りの小瓶を2310円で買いました。

080903_1210~02

“1ミリリットルで2310円?高い!どうしよう・・・”と思い

なかなか手が出ませんでしたが、ふっと考えると一本で化粧水が

1.5~2本作れちゃうのです。

高級化粧品があふれている今の世の中のことを考えると、

これって結構お得かもしれません。

すっかり安心した私は、ルンルン気分で精油を買い求めて家路に着き、

毎日この香りを楽しんでいます。

幸せです・・・。



 香りの好き嫌いは主観的なものなので、好みは分かれると思いますが、

まだ月桃の香りを体験されていない方は、是非試してみてください。







[ 2008/09/03 11:37 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。