スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お久しぶりの更新です

息子の熱が下がりません・・・。

前回のブログでは、息子がクマさんのよう・・と表現したのですが、

もう家の中をウロウロしてません。

ずっーと、寝ているのです。


のそのそ起きて来る度に、「寝てなきゃ、熱が下がらないでしょ!」と、

私に怒られていたのに、今はじっ~・・と寝てるんです。



   これって何だか怖いのです・・・。



“何で熱が下がらないんだろう・・・”

“何か、重大な病気なのでは・・・”



頭の中は、不安と恐怖でいっぱいです。



私は看護師ですが、そんなことぜ~んぶ、吹っ飛んでしまいます。

医療知識が何なの・・?

そんなのどうでもいい・・・。とにかく心配なのです。



今日、病院を再度受診し、胸部のレントゲン撮影をしたら、

肺炎でした。

おかしな話ですが、なぜかホッとしました。

熱がさがらない・・咳が止まらない原因が分かったからです。

ちょっと安心すると、「ほらね!やっぱり!肺炎だと思ったんだ!!」

な~んて、元・看護師面して調子のいいことを言ってる私です。



峠は越えたような気配はするのです。

活力も笑顔もでてきたし、熱が高くても食欲だけはある・・(凄い!)

でも、まだまだ安心できない状態なのです。

しっかり、安静を守ってもらわないと・・・。



私が息子から感染して寝込んでしまっては、息子の世話ができなくなってしまう

ので、何とか頑張ってます!

時々、喉がチクチクするし、時々何だか寒気もするけど、

ティートリーで何度もうがいして、部屋ではいつも、ティートリー、ユーカリ、レモン

なんかの精油を、ディフューザーで使っています。

あとは何とか気力で、頑張ります。



私が寝込むのは、息子が回復してからと決めているんです。

でも、ちょっと自信がないかなあ・・・。

もしダメだっったら、

お願い、誰か助けてください・・・。





スポンサーサイト
[ 2008/11/27 18:38 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

困ったクマさん

 息子が、先週の木曜日から発熱しています。

39度台だと、さすがに辛いのか布団に入っていますが、38、37度台だと

寝ているのが退屈らしく、のそのそ起きてきます。

でも、だるくて何にもできないのです。

だから、寝室とリビングの間をウロウロ・・・。

リクライニングの椅子に、で~ん!と座って、「ふぅ~ん・・」とため息。



 かわいい我が子ですが、私よりも随分大きくなった体で、一日中クマのように

ウロウロされると、何だか私が落ち着きません・・・。



 これって、退職したご主人が、一日中家にいるようになった、奥さんの心境に

近いものがあるかな・・って考えています。



 部屋の中では、感染防止と空気の清浄のために、レモンとペパーミントの

精油を、ディフューザーで使っています。

久しぶりに、おかゆや煮込みウドンなんかも作りました。



早く元気になってね・・・。




[ 2008/11/23 14:29 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

アロマサークル日和★ パート2

11月17日は、アロマサークルの日でした。

参加人数は12名。いつも通り、みんなで和気あいあいと、終始穏やかなムードの

中で、楽しい時間が過ぎてゆきました。


 今回の主題は、「冬を快適に過ごすアロマテラピー」です。

特に冬の三大トラブルともいえる、冷え性、風邪とインフルエンザ、乾燥肌の

予防、または改善するために、日常生活の送り方をアドバイスしたり、お勧め

の精油やホームケアの方法を紹介していきました。


 実習では、「肩こりを緩和するためのトリートメントオイル」を作りました。

スイートアーモンドオイルに、ゼラニウム、スイートマージョラム、ジュニパーベリー

をブレンドしました。

それぞれの精油の、鎮痛、血液循環促進、うっ滞除去、筋肉弛緩・・などの

作用に注目してブレンドしてみました。


 オイル作りの後は、みんなで肩こり解消のための軽い体操です。

腕回し、首回し、大胸筋を広げる運動、などなど・・・。



  体操の間中、私の首や肩の周辺は、ポキポキ、バキバキと鳴っていました。



その後で、作成したオイルを使って自宅でできる、セルフトリートメントの方法を

学びました。(服は脱いだつもり・・オイルもつけたつもり・・です。)

こちらも5分程でできる簡単なものですが、行っているうちに、体がポカポカ

暖かくなってきます。

冷たくて固かった所に、“血が流れ出す~!”といった感じです。


簡単にケアできる方法なので、自宅でも、是非行ってみてほしいです。

続けているうちに、筋肉の強張りも、きっと楽になってくると思います。



でも、今日参加した中で、継続性が一番難しいのは、きっとこの私・・・。

「継続は力なり」・・ですね!!

頑張ります。


[ 2008/11/19 16:34 ] サークル活動 | TB(0) | CM(0)

カフェ・ととろ

仙台市太白区茂庭にある、「カフェ・ととろ」に行ってきました。



081111_1035~03


住宅地の中にあっても、近くには川なんかが流れている、緑豊かな素敵な所に

ととろはありました。


081111_1217~01


ロケーションは最高です!


081111_1122~02


籠ランチ。

籠の中には、何種類もの小皿に、美しく盛り付けられたお料理たち・・・。



優しくって丁寧な味がします。
オイシ~です!


雅なお姫様になったつもりで、お上品に一口づつ頂ます。

 (実際はパクパク食べてました。)


081111_1135~01

デザートはかぼちゃのムース。

081111_1153~02

コーヒーも注文しちゃいました。


カウンター席だったので、丁寧にコーヒーを淹れてくれていることは分かって

いました・・・自然と気分も盛り上がります。



コーヒーもとても美味しかった。

濃く出ていないのに、コクがしっかりしている感じ・・・。


081111_1219~01


美味しかった!

楽しかった!

ご馳走様でした。





[ 2008/11/16 21:05 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

祝☆生オペラ

行ってきました!

祝・生オペラです!!


キエフ・オペラ

プッチーニ作曲

「トゥーランドット」全幕です。


素晴らしかったです!行って良かったです!



でも、どんな風に素晴らしかったのかを、具体的にお伝えするのは、

生オペラ・デビューしたばかりの私にとっては、難しすぎます。


それで、感じたままに素直に感想を述べさせていただくと・・・



   舞台の背景や衣装が豪華で、夢のようだった

   すごい迫力だった

   何もかも美しかった

   心が震えた

   鳥肌が立ちっぱなしだった。

   泣けてきた



こんな感じでした。



オペラの感動冷めやらぬ今朝ですが、

 「また行きたいなあ~」

 「今度はいつ行けるのかな~」

と、感動の余韻にひたり、朝ごはんの後片付けもそっちのけで、

こうしてパソコンに向かっています。



話は舞台から逸れますが、幕と幕の間の休憩時間が長いので、

その間、ロビーで過ごす人も多いのです。

そんな中に、30~40代と思われるカップルさんがいたのですが、

ワインとワイングラス持参で、楽しそうにワインを飲んでいるのです。

なんだかとても微笑ましく、こんな言い方失礼かもしれませんが、可愛らしい

お二人でした。



それを見ていた紳士が、

「こういう場なんだから、休憩時間にちょっとワインやシャンパンでも出してくれる

ような、スペースがあればいいのにね。」

と、そのカップルに話しかけていました。

私も、まったくそのとうりだと思います。

オペラを観に行くのだから、ただ演目を楽しむだけではなく、会場全体の雰囲気

も楽しみたいですよね!

前回ご紹介した映画「月の輝く夜に」にも、休憩時間にたくさんの人たちが

バーでお酒を楽しんでいる場面があって、とっても素敵だったのです。


ところが今回は、ロビーで休憩している人たちは、コンビニのおにぎり食べたり

自動販売機の缶コーヒーなんか飲むよりほかにないのですよ!

でも、もしかしたら、飲酒運転の問題なんかのことを考えて、アルコールは出さ

ないのかもしれないし、なにか他に問題があるのかもしれません。

仕方の無い事なのかもしれませんが、会場の方々が、もっとオペラにふさわしい

素敵な会場作りをしてくれたら、とっても嬉しいです。



せっかく素晴らしいものを観たのに、批判めいたことを言うのは悲しいですね。

もう言いません。ちょっと反省です。



また近いうちにオペラに行けるように、節約生活ガンバリます!!



[ 2008/11/13 08:44 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)

オペラ前夜祭

 明日、オペラを観に行きます。生まれて初めて生オペラを観るのです。

今までは、NHKで放送されている「ニューイヤー・オペラコンサート」を、毎年欠かさ

ず観ていたり、「芸術劇場」という番組でオペラが放映されていると

観たりしていました。



でも・・生オペラは初めてなんです。!



 オペラ・・というと思い出す、ステキな映画があります。

「月の輝く夜に」という映画です。

1987年の作品なので、上映されてからもう20年も経つのですが、今観ても、

オシャレでステキな映画です。

その映画のワンシーンを、少し紹介させてくださいね。



 主人公のロレッタは37才。7年前に夫を交通事故で亡くしますが、再婚が決まっ

たばかり・・。でも、その人のことを本当に愛しているわけではないのです・・。.
.
好きなんだけど愛じゃない・・妥協の結婚なのかもしれません。


ところがふとしたキッカケで、事もあろうにフィアンセの弟と恋に落ちてしまいます。

自己嫌悪と罪悪感に駆られた彼女は、

「二人のことは、無かったことにしましょう!!」と、フィアンセの弟に詰め寄りま

すが、弟は彼女のことが諦められません。

でも、諦めるしかないんだ・・と、その時は一応納得した彼は、次のように彼女を

オペラに誘います。


  「今晩オペラに付き合ってくれないか?」

  「俺が愛するものは、オペラと君だ・・一晩のうちにその二つが満たされれば、

     悔いはない・・。」

  「もう一生何も望まない」と・・・。



彼の情熱に負けた彼女は、それで最後という約束で、一緒にオペラに行くことに

なりました。


 彼の部屋を出て、自宅に帰る途中、彼女は久しぶりに美容院に行き、

白髪だらけの髪を染め、3年ぶりに眉をととのえ、メイクをしてもらいます。

そして、オペラに着ていくための、ドレスと靴を新調するのです。

帰宅すると、暖炉の灯りのもと、ロマンチックな曲をかけてワインを飲みながら、

ゆっくりと美しく支度をしてゆきます。



  「二人のことは無かったことに!このことは忘れましょう!!」と、強気だった

  彼女ですが、これって女心ですよね・・・。



そして、オペラの上演会場に着くと、タキシード姿の彼が待っていました。

美しく装った彼女を見て彼は、「綺麗だ・・」と息をのみ、

そしてちょっと言葉に詰まりながら、とっても感動的なことを言います。



  「ありがとう・・・髪も・・ドレスも美しいから・・・」



彼が、お世辞や下心から言ったのではないことは、映画を観れば明らかです。

自分とほんの一時を一緒に過ごすために、綺麗にしてきてくれた彼女に、

「ありがとう」という気持ちで一杯だったのでしょう。

こんな言葉、女の人なら涙が出るくらい嬉しいですよね!



 その後の二人がどうなったのか、興味のある方は、DVDやビデオをレンタル

してみてくださいね。



ちなみに、ロレッタのフィアンセの弟役を、ニコラス・ケイジが演じています。

20年前なので、まだ髪がフサフサでカッコいいです。

でも私は、今の髪の薄いニコラス・ケイジもステキだと思います。



すっかり映画紹介になってしまいました!

ちょっと早いけど、初♪生オペラに行ってきまーす!






 
[ 2008/11/11 18:53 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)

出会いに感謝

 アロマ友達に会ってきました。

私よりもひと回りも若い、可愛いステキな女性です。

彼女に会うと、なんだかフーシャピンク色のエネルギーがもらえるのです。


 だんだん年をとってくると、フーシャピンク色のエネルギーが不足して

くるので、私はとても嬉しいのです。



とっても頑張り屋さんの、健気な人です。

いつも、そのお花のような華やかな笑顔で笑っていて欲しい・・・。

どうかあなたの夢が、叶いますように・・・。



 年令の近い友達、ママ友達も、もちろん素晴らしいけど、

うんと若い友達・・・

それから、シニア世代のお姉さま友達・・・

年の離れた友達からは、たくさん刺激をもらえるので、

“私もガンバロー!!”って、こぶしを突き上げたくなりますよ♪



みなさん、本当にありがとうございます。

その出会いに感謝です。


[ 2008/11/08 20:03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ゆるり♪デトックス生活

 デトックス生活を送ろうと、何とか頑張っています。


そうは言っても、大げさな事ではなく、大好きなコーヒー、お酒、お菓子を、とりあえず

1~2週間でもいいから摂らないでみよう・・というものです。

それからパンを食べると、どうしても後を引いて、もっともっと食べたくなるので、

パンも止めています。

 
ところが実際はというと、コーヒーとお菓子を少し口にしてしまいました。

友達といると、「美味しいネッ!」って、つい一緒に楽しみたくなってしまいます。


 それから・・・

ストイックに頑張りたいと心の中では願っていても、この世の提供する誘惑は

あまりにも甘美で、“そんなつまんないことしてないで、楽しもうよ”という空耳が

聞こえてくるのです。

意思の弱い私は、

“また今度にしようかなぁ~・・”と、ヘロンとなってしまいます。


 でも、お菓子とコーヒーは、以外にも口にしなくても耐えられることが分かり

ました。一番辛いのはお酒だったのです。

もともと量は飲めるほうではないのですが、グラス一杯のワイン・・でいいから、

毎日飲みたいのです。


日が落ちてくると、飲みたくなって何だかソワソワしてきます。


 ある人から、「たとえ少量でも、毎日飲むのはアル中です。」と言われたことが

ありました。


もしかして、私アル中?


何かの中毒になるというのは、何かに囚われるということ・・・。

「自由」を人生のテーマにしている私にとって、“~無しではダメ!”という囚われ

は、出来るだけ無いほうがいいのです。


これは是非頑張って、アル中なるものから抜けないと・・・。


毎日飲まなくても、たま~に親しい人たちとお酒を楽しむだけで、充分満足

できるようになりたいです。


でもこれって甘いのでしょうか・・!?


[ 2008/11/05 15:18 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。