スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

言葉

言葉って難しいですよね。

何気ない一言が、人を深く傷つけてしまうこともある。



でも、言葉って素晴しいですよね。

たった一言が、その人を癒したり、元気にしたり、希望を持たせることもできる。





私にとって忘れられない言葉を、ついさっき思い出していました。





母が急に亡くなった時のことです。





たくさんの人達が慰めの言葉をかけてくれて、感謝の気持ちでいっぱいでした。

もちろん今でもその気持ちに変わりはありません。

でもその中でも、私にとって生涯忘れることができないだろうという言葉が

二つあります。




ある人は、

私が、「何が何だか分からなくて、泣くこともできない・・・。」と言ったら、

心の底から絞り出すような声で

「かわいそうに・・・」と言ってくれた。




そしてある人は、

私が、「みなさんのおかげで、火葬やら何やら、ここまで無事終わりました」と

言ったら、

まるで小さい子供を思いやるような、やさしい眼差しと声で

「えらかったね・・・」と言ってくれた。




何気ない言葉だったけど、

ずっと泣けなかった私が、子供のように手放しで泣きました。

今でも、この二つの言葉には支えられているような気がします。

そして、この言葉を私にくれたお二人には心から感謝しています。




友達や知り合いに、急な不幸が舞い込んで来たときは

何て言葉をかけたらいいんだろう・・・と、すごく悩みますよね。

もちろん私もそうです。

でも、一番いいのは

“どんな言葉をかけたらいいんだろう・・?”と考えるのではなく、

ただその人の心の痛みに素直な気持ちで向き合い、寄り添い、

自然に口から出てきた言葉が、

その人を真に癒すのだと思います。

きっと私が、真に癒され慰められたのと同じように・・・。




出来ることなら、

私もそいう言葉を発することができますように・・・。






スポンサーサイト
[ 2009/03/28 15:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

香り・・・そして匂い

先日美容院で、シャンプー・カットをしてもらいました。

頭皮が敏感だった時期があり、色々なシャンプーは使いたくなかったので、

もう何年もカットだけお願いしていました。

でも、もうずっと頭皮の具合も大丈夫だし、シャンプーしてもらう気持ち良さを

久々に味わいたかったので、今回はシャンプーもしてもらいました。



ところが、ところが・・・

シャンプーの残り香が、いつまでも取れない!



二度、自宅でシャンプーしても取れません。



息子には、「うわっ・・! お母さんの髪、ヘンな匂い!」と嫌われ、

私自身も “こんなに香りが取れないなんて、なんか体に悪そ~”なんて

思ってしまいます。



普通のシャンプーらしい香りなんですけどね・・・。

うちではもうず~と石鹸シャンプーを愛用していて、ほとんど香りがないものですから、

私も息子も普通のシャンプーの香りには、違和感があるんです・・・。

 (あっ・・でも、他の人のシャンプーの香りは、ほとんど気になりません。)



お風呂で使うのも、無香料の昔からあるような固形石鹸です。

固形石鹸をタオルに擦り付けて泡立て、体を洗います。

ポンプ式のボディ・ソープを使わなくなって、もう何年にもなりますが、

固形石鹸は、なかなか可愛げがあって手離せません。



洗濯に使うのも、無香料のいわゆる粉石鹸です。

息子が小学校に入った頃の話しです。給食のエプロンの洗濯当番だったのですが、

「うちで洗濯したものはどうして匂いがしないの?他の人が持ってきたエプロンは

  甘い匂いがするよ」と質問してきました。

粉石鹸で洗った衣類には、普通にあるイイ香りはなく、でも、粉石鹸特有の香りや、

干した後のお日様の匂いや、乾いた草の匂い・・・ひなたぼっこしている

ネコちゃんの毛のような匂いがします。



その衣類を身に着けている私も、若い頃は好きだった香水もつけなくなって

しまったし (そういえば、グレのカボシャールという香水が好きでした)

動物性蛋白質も控えているので、あまり体臭は強くないと思います。

女性特有の甘い香りはしない・・ということですね。

でも自分の匂いは自分では分からないものなので、本当は訳のわからない匂いを

発していたりして・・・  怖いムスッ



それから家には芳香剤や消臭剤といったものは置いてありません。

でもトイレは掃除の度に、レモン、オレンジ、ミントなんかの精油を、素焼きの小さな

石にたらしていますし、また梅雨時には、デオドラント作用があるペパーミント、

ユーカリ、サイプレスなんかをコットンに染み込ませ、匂いの気になる場所に

置いたりしています。

だから、よそのお宅の芳香剤の香りには敏感だと思います。

息子が友達の家から帰ってくると、時々芳香剤の香りを身体中につけて帰ってくる

ので、“今日は○○君の所に行ったのね・・”と、わかってしまいます。



精油の香りはもちろん大好きですし、アロマテラピーを日常生活に取り入れている

ので、気分転換にアロマポットに精油を落としたり、手作り化粧品だったり、

うがいにティートリーだったり、ホームケアに活用したりと、

確かに今の生活にとって、精油は欠かせないものになっていますが、

基本的には、何の香りも何の匂いもないのが好きです。



お日様の匂い

流れる風の匂い

森や草木やお花の匂い

海や川・・たくさんの美しい自然の匂い



人工的な香りから離れて

こんなステキな香りや匂いに囲まれていたら

なんだか、やさしいひとになれそうな気がします。





[ 2009/03/25 18:53 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)

わさびの花

最近、わさびの花に凝っています。



090321_0940~01



小さくて白い、実に可憐な花をつけています。

カワイイ・・・ハートとハート



090321_0925~01



でも、凝っているのは鑑賞としてではなく、

食用としてです。



初めて購入した時は、どうやって調理したらいいのかわからず、

袋に書いてある調理例を参考にしてみました。

説明によると、ホントは生のまま使うようなのですが、

それではちょっと、私にはエグイ感じが強かったので、

さっと、お湯にくぐらせてから使いました。



作り方はとっても簡単!・・私の料理だもの絵文字名を入力してください



  ①わさびの花を、熱湯にサッとくぐらせ、すぐに水にとり冷ましたら、
    軽く水気を絞ります。

  ②わさびの花を適当な大きさにきざみ、ネギもみじん切りにします。

  ③わさびの花とネギを混ぜ合わせ、だし醤油をかけます。
    (めんつゆでも美味しいです)

  ④最後にかつおぶしをふんわりのせて出来上がりです。



はじめは、かつおぶしではなく海苔をかけていたのですが、

(一応マクロビアンの端くれとして、動物性蛋白質を避けてみました・・)

でもやっぱり、かつおぶしのほうが美味しかったです。




090321_1200~01



春の味です。とっても美味しいです♪♪

息子もこれが大好物で、ものの10秒で完食です!!



これは将来、酒呑みかも・・・。



息子が二十歳になったら、一緒にお酒を飲むことが

ささやかな私の夢なんです・・・。

早く大きくなってね・・・。



春は排出の季節です。

冬の間に溜め込んだ、余分なエネルギーや老廃物なんかを

春を迎えるカラダは、一生懸命に排出しようとします。

今日のわさびの花や、ふきのとう、たらの芽、クレソン・・なんかの

ほろにが系の野菜たちは、排出の手助けをしてくれます。

刺激が強いので食べすぎてはいけませんが、これらを上手に摂り入れて、

スッキリとしたココロとカラダで、素敵な春を楽しみましょう笑





[ 2009/03/21 13:41 ] マクロビオティック | TB(0) | CM(0)

桜の花のバスソルト

昨日はアロマテラピーサークルの日。

実習では、「桜の花のバスソルト」を作りました。




090317_1242~01




写真ではよくわからないのですが、

塩にピンクのつぶつぶが入っていて、とても可愛いのです。




材料 (浴槽の大きさによりますが、1~2回分です)    


      天然塩 80グラム

      桜の花の塩づけ  2~3個

      桜の香りのエッセンス  1~2滴

      桜の花のフレーク  適宜 



今回は、塩はバスソルト用を使いましたが、天然であれば食用でも大丈夫です。

桜の花の塩づけは、桜茶でおなじみですし、

エッセンスとフレークは食用です。きっとお菓子作りに使うのだと思います。

またエッセンスは精油ではなく合成香料なのですが、たまにはいいよね・・・と、

桜の香りを楽しんでみました。



090315_1342~01



作り方はものすごく簡単です。

 ①塩にエッセンスを1~2滴たらして、よく混ぜます。

 ②①に桜の花のフレークを加え、さらによく混ぜます。

 ③最後に桜の花を飾り付けて、出来上がりです。



高温多湿の場所や、直射日光の当たる場所に置くのを避けて、

一週間を目安に使い切ってください。

また、フレークがお湯に入れても溶けないので、お茶パックに入れたりガーゼに

包んで使うほうが、あとのお風呂掃除が楽に済みます。



ちょっと季節を先取りしたバスタイムを楽しみましょう!

ふんわり桜の香りに包まれて、素敵な時間を過ごしてください。







   




[ 2009/03/17 12:06 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)

ラナンキュラス

ぷっくりカワイイ、ラナンキュラス・・・。

大好きですハート




090313_1349~01




ホントはピンク色が欲しかったのですが、

今日はなかったので、明るいオレンジ色にしました。




バラは気高い女王様。

ラナンキュラスは可愛いひと・・・。




家にお花があると、なんだかワクワクしますね。

大好きです・・・。




私には、たくさん大好きなものやワクワクすることがあって

これって幸せなことだなあ・・・。




たくさんの大好きが作れるように育ててくれた

両親には

やっぱり感謝です。








[ 2009/03/13 14:44 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)

うっとり・・・

 サラ・ブライトマン

 シンフォニー ~ライブ・イン・ウィーン

090311_1318~01


世界遺産に指定されているウィーン歴史地区の

シュテファン大寺院で開催されたコンサートのDVD



ひたすらロマンチックで

厳かで・・・。

涙が出るくらい美しい・・・。

歌も舞台も演出も、そしてサラも・・・。

何もかも美しすぎます。



つい先日、サラは来日してコンサートが開催されていました。

DVDだけでこんなに感動するのだから、実際にコンサートに行ったら、

私は最初から最後まで号泣しているかもしれません。





サラのことを調べていて分かったのですが、

叶姉妹がコンサートに行ったみたいです。

次回の来日は5年後ぐらいでしょうか?

その時、コンサート会場の席に着いていることができたら、

どんなに素晴らしいことでしょう!!




私は、デュエット曲がとても好きなのですが、

今回のDVDには沢山のデュエット曲が入っていて、すごく嬉しいです。

特にその中でも、イタリアのテノール歌手のアレッサンドロ・サフィナという人と

デュエットしている「大いなる世界」と「サクラ・クイ」という曲が、

わたしの拙い文章では表現できないほど素敵です。



ロマンチックで、ロマンチックで・・・感動で・・・。



私はこの二曲を、朝晩と一日二回は聴いています。(観ています?)

あまりにもロマンチックで美しくて、これを観た後は、

しばらく現実の世界に戻れません。



しっかりしないといけないなあ・・・。

でも、もうちょっとだけ、この感動にうっとりしていたいです。









[ 2009/03/11 14:56 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)

フラワーエッセンス

トゲトゲ、ゴツゴツ・・・

あるいはモロモロになってしまった心を、

優しく、まあるく癒してくれるフラワーエッセンスjumee☆spring4a



フラワーエッセンスとは、すごく簡単に言うと、植物のもつ癒しのエネルギーを

お水に転写したものを原材料にした飲み物です。



私が愛用しているのは、ヒーリングハーブ社のバッチ博士のエッセンスで、

36種類の中から自分に合うものを選んでゆきます。


090310_0959~01


今回は、「アグリモニー」と「ワイルドオート」を選びました。



初めてフラワーエッセンスのことを知った時は、

“魔女が作る魔法の水じゃあるまいし・・・”と半信半疑でしたが、

その頃私は、ある心の問題を抱えていて、自分にとっての大切な人たちの

安全が、ものすごく気になって気になって、すっかりその考えに囚われて

しまい、苦しい思いをしていました。



その時試してみたのが「レッドチェスナット」。

その時の私の状態にピッタリはまったのか、ビックリするほど効果があって、

それ以来フラワーエッセンスのファンです。



誰ですか?

「ムーンピーチさんは、何を飲ませても効くんだよ」なんて言っている人は・・・。



本当に効果があったんです。

自己暗示にかかったのではありません。

でも、薬にしろ何にしろ、「プラセボ効果」という言葉もあるように、自己暗示の

力って、とても大事なことなんですよね・・・。



薬ではないので、副作用もありません。

ただ、その時の自分にあったものを選ばないと、何の変化も効果も感じられず、

“あれっ・・?”という感じで終わってしまいます。

私の場合、レッドチェスナットはすぐに効果がありましたが、ほかの種類に関しては、

“いつの間にか” “じんわりと” 効いていた・・・という感じでした。

そして、そのエッセンスが必要じゃなくなってくると、飲み忘れるようになったり、

飲むのが面倒になってきます。

なんだか不思議ですね・・・ニコ



思い起こせばフラワーエッセンスは、状況や環境の変化に伴う緊張、

また人間関係の難しさに対処するために、いつも何らかの形で私を

助けてくれたように思います。

これからもきっとお世話になるんだろうなあ・・・。



フラワーエッセンスもいいですが、生のお花のもつエネルギーも凄いですね!

私はラナンキュラスが大好きで、今の季節はお花屋さんに並ぶので

とても嬉しいです。

昨日買ってきたかったのですが、他の買い物が多くなってしまい、

買うのをあきらめてしまいました。

残念・・・絵文字名を入力してください

近いうちにまた、お花屋さんにいってみよう!ハート










[ 2009/03/10 12:30 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)

カミング・アウト

先週、「マンマ・ミーヤ」を観てきてから、

ABBAがマイブームで、ずっと聴いています。

ナツカシイ・・・。



ABBAというと、「ダンシングクイーン」とか、「チキチータ」とか、

キレイなメロディーな曲が印象深いのではないかと思うのですが、

「ギミー!ギミー!ギミー」とか、「ヴーレ・ヴー」なんかの、

ノリノリのディスコ調の曲が大好きでした。



ディスコ調の曲・・といって思いだすのは、

「Dead or Alive」が懐かしい・・。これまた大好きでした。

バブル絶頂期にとっても人気があって、ディスコでしょっちゅうかかっていたようですが、

ディスコにはあまり縁のなかった私は、もっぱら家でCDを聴いていました。


でもあの頃、Dead or Aliveが好きだと言えなかった。

理由は、もし好きだと言ったら

“えっ~!!どうして?なんかムーンピーチさんとイメージが違うよね~!”と

言われそうで恥ずかしかったから・・・。

どちらかというと、大人し目・・地味目・・いいこチャンタイプに見られていたので、

そのイメージを壊したくなかった、というのが正直な話でした。



ボーカルのピート・バーンズ・・。

端正で美しく、でもその反面どこか男性的なお顔と雰囲気が

滅茶苦茶カッコ良かったのですが、

整形マニアのようになってしまい、一時期は酷くお顔が崩れてしまいました。

(マイケル・ジャクソンのように・・)

今はだいぶ修復(回復?)できたみたいですが、

でも整形前とはまるで別人で、あれではゲイの姐さんです・・・絵文字名を入力してください

あんなに美しかったのに、それが永遠に失われてしまったのは、

ものすごく悲しいですnamida



でもね・・・。

相変わらずスゴク歌が上手いし、曲もイイ!・・・ステキ↑

それに昔と変わらず、声が素晴らしい!

特に、地の底から轟くような低音には、

まるでオペラ歌手の声のような、荘厳さ、神々しささえ感じます。

何よりもオーラが凄い!

見ているだけで異世界に連れて行かれそうな、強力なオーラです。



私はピートが大好きでした・・・。

今のピートは昔のピートと違うけど、

それでも私はピートが好きだわ・・・。

もし、Dead or Aliveが来日するようなことがあったら、

今度はコンサートにだって行っちゃいます!ハ-ト



[ 2009/03/01 20:50 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。