スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

香り・・・そして匂い

先日美容院で、シャンプー・カットをしてもらいました。

頭皮が敏感だった時期があり、色々なシャンプーは使いたくなかったので、

もう何年もカットだけお願いしていました。

でも、もうずっと頭皮の具合も大丈夫だし、シャンプーしてもらう気持ち良さを

久々に味わいたかったので、今回はシャンプーもしてもらいました。



ところが、ところが・・・

シャンプーの残り香が、いつまでも取れない!



二度、自宅でシャンプーしても取れません。



息子には、「うわっ・・! お母さんの髪、ヘンな匂い!」と嫌われ、

私自身も “こんなに香りが取れないなんて、なんか体に悪そ~”なんて

思ってしまいます。



普通のシャンプーらしい香りなんですけどね・・・。

うちではもうず~と石鹸シャンプーを愛用していて、ほとんど香りがないものですから、

私も息子も普通のシャンプーの香りには、違和感があるんです・・・。

 (あっ・・でも、他の人のシャンプーの香りは、ほとんど気になりません。)



お風呂で使うのも、無香料の昔からあるような固形石鹸です。

固形石鹸をタオルに擦り付けて泡立て、体を洗います。

ポンプ式のボディ・ソープを使わなくなって、もう何年にもなりますが、

固形石鹸は、なかなか可愛げがあって手離せません。



洗濯に使うのも、無香料のいわゆる粉石鹸です。

息子が小学校に入った頃の話しです。給食のエプロンの洗濯当番だったのですが、

「うちで洗濯したものはどうして匂いがしないの?他の人が持ってきたエプロンは

  甘い匂いがするよ」と質問してきました。

粉石鹸で洗った衣類には、普通にあるイイ香りはなく、でも、粉石鹸特有の香りや、

干した後のお日様の匂いや、乾いた草の匂い・・・ひなたぼっこしている

ネコちゃんの毛のような匂いがします。



その衣類を身に着けている私も、若い頃は好きだった香水もつけなくなって

しまったし (そういえば、グレのカボシャールという香水が好きでした)

動物性蛋白質も控えているので、あまり体臭は強くないと思います。

女性特有の甘い香りはしない・・ということですね。

でも自分の匂いは自分では分からないものなので、本当は訳のわからない匂いを

発していたりして・・・  怖いムスッ



それから家には芳香剤や消臭剤といったものは置いてありません。

でもトイレは掃除の度に、レモン、オレンジ、ミントなんかの精油を、素焼きの小さな

石にたらしていますし、また梅雨時には、デオドラント作用があるペパーミント、

ユーカリ、サイプレスなんかをコットンに染み込ませ、匂いの気になる場所に

置いたりしています。

だから、よそのお宅の芳香剤の香りには敏感だと思います。

息子が友達の家から帰ってくると、時々芳香剤の香りを身体中につけて帰ってくる

ので、“今日は○○君の所に行ったのね・・”と、わかってしまいます。



精油の香りはもちろん大好きですし、アロマテラピーを日常生活に取り入れている

ので、気分転換にアロマポットに精油を落としたり、手作り化粧品だったり、

うがいにティートリーだったり、ホームケアに活用したりと、

確かに今の生活にとって、精油は欠かせないものになっていますが、

基本的には、何の香りも何の匂いもないのが好きです。



お日様の匂い

流れる風の匂い

森や草木やお花の匂い

海や川・・たくさんの美しい自然の匂い



人工的な香りから離れて

こんなステキな香りや匂いに囲まれていたら

なんだか、やさしいひとになれそうな気がします。





スポンサーサイト
[ 2009/03/25 18:53 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。