スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラブ・ユー・フォーエバー

まだ小さかった子どものために、絵本を買ったり図書館で借りたりしてきましたが、

「ラブ・ユー・フォーエバー」は自分用に買いました。



090429_1212~01



絵本の中で、お母さんには赤ちゃんが生まれて、

その子はどんどん大きくなって、やがて成人になりますが、

お母さんとしては、いつもニコニコ笑って子育てしてきたわけではなく、

いたずら盛りや、ギャングエイジの子どもにホトホト手を焼いて、

「この子のせいで気が狂いそうだわ!!」と叫んでみたり、

ティーンエイジャーの少年になった子どもが、変な服を着て、変な髪形をして、

変な友達を作って、変な音楽に夢中になると・・お母さんは、

「まるで動物園にいるみたいだわ!!」と思ったりします。



でもずーっと、ずーっと、子どもが大きくなってもずーっと、

お母さんは静かに、うたい続けるのです・・・。



      アイ・ラブ・ユー いつまでも

      アイ・ラブ・ユー どんなときも

      わたしが いきている かぎり

      あなたは ずっと わたしのあかちゃん




子を思う親の愛は、子どもがいくつになったとしても変わることはありません。




そしてその愛は子どもに受け継がれ、立派に大人になった子どもは

次のようにうたいます・・・。



      アイ・ラブ・ユー いつまでも

      アイ・ラブ・ユー どんなときも

      ぼくが いきている かぎり

      あなたは ずっと ぼくのおかあさん



またその息子は、生まれたばかりの自分の娘にも、うたいます・・・。



      アイ・ラブ・ユー いつまでも

      アイ・ラブ・ユー どんなときも

      ぼくが いきている かぎり

      おまえは ずっと ぼくのあかちゃん





愛は受け継がれ、ずっと永遠に続いてゆきます。

その愛は、宇宙が存続する限り、

ずーっと、ずーっとつながっていくような感じさえします。

長い長い、無限に続くかのような時の流れ考えると、

めまいがしそうなほどの静けさを感じますが、

その反面その時間は、ほんの一瞬のように思えてしまうこともあります。





私はこの絵本を本屋さんで立ち読みした時、

胸と喉がグッと詰まって大変でした。

つまり・・泣くのを必死にこらえていたからなんですね!



そしてこの本を、赤ちゃんが生まれたお友達にプレゼントしています。

ベストセラーといってもいい絵本なので、読んだことのある人・・

そして私のように読んで涙した人もたくさんいると思いますが、

もっとたくさんの人達に読んでもらいたいなあ・・・。

特に赤ちゃんや小さなお子さんがいるお母さんには

是非読んでもらいたい絵本です。にこにこ




スポンサーサイト
[ 2009/04/29 12:06 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。