スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3・11 その2

3・12

 ほとんど眠れずの朝・・昨日の夕飯は果物を少しだけだったので

 空腹と疲れで胃が痛い。息子も早く起き、自転車で様子をみてくると

 言っているので、「どこか開いてる店があったら食べるの買ってきて」

 とお願いする。とにかく寒くてしかたない。でも起きて片付けをして

 仕事に行く支度をする。そのうち息子が帰宅。携帯でひび割れて隆起した

 道路の様子を撮影してくる。食べ物もちゃんと手に入れてくる。

 ピーナッツとかりんとうと・・それからお煎餅。なんでもいいから

 食べられるということが嬉しい。

 「余震が怖いので遠くまで出かけないで」と言ってから職場に向かう。

 息子は「はーい」と返事はいいのだが、自転車で随分遠くまで

 被害状況を調べに行ったらしい(後日、白状する)

 地下鉄が通っていないので片道一時間ほどかけて通勤。

 道路はガタガタだし、あちこち塀が崩れたり、ガラスが散乱していたり

 酷い状況・・。(往復2時間の徒歩通勤は地下鉄が全面開通するまで続いた)

 やっと職場に着く。職場もガスも電気も水道も止まっていて、

 介護度や医療度が高いかたは1階のホールに集められており、

 野戦病院のようになっている。夢中で仕事をしたので細かいところまで

 よく覚えていないが、みんなそれぞれスゴク頑張った。

 エレベーターが使えないので1~6階まで何度もダッシュ!

 電気がきてからも余震でエレベーターが止まってしまうと

 スタッフや患者さんが閉じこめられてしまうので、4月になっても

 エレベーターは使えなかった。その間ずーっと1~6階まで

 ダッシュ、ダッシュ!!・・これが辛かった。最後に私の足の裏には

 タコができました・・・。

 やっと仕事が一段落して、また徒歩で帰宅・・・。

 興奮しているせいか、ヘトヘトなのにあまり疲れを感じない。

 家に着いて息子の顔をみて、無事に過ごせた様子にホッとする。

 懐中電灯の灯りのなか、 朝に買ってきてもらったお菓子なんかを

 食べて夕食にする。食べ物がほとんどないので不安。でもお水は

 6本ほどストックがあったので助かる。

 夜になると寒くて仕方ない。あとは寝るしかないので、昨日と同様

 息子とリビングに布団を敷いて休む。おやすみなさい。



 

 
スポンサーサイト
[ 2012/03/15 17:40 ] 日記 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。