スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スマート・エイジング・カレッジ 

 
4月27日は第二回目のカレッジでした。

その振り返りをしてみようと思います。



一時限目

「人間は機械である」という考え方と治療法

加齢医学研究所教授 山家智之先生

 
  山家先生は人工臓器で非常に著名なDrということです。

  色々な種類の人工心臓を見せていただきましたが、それだけではなく、

  実際に手に取って触るという、非常に貴重な体験もさせていただきました。

  心臓だけではなく、肛門括約筋、食道・・他にもさまざまな人工臓器の

  研究、開発、臨床での実際の治療が進んでおり、また“内臓を生やす”という

  再生医療も新展開を迎えている・・とのことでした。

  正直言って、医学がこんなにも進歩していたのかと驚きました。

  私は看護師なのに、本当に勉強不足で恥ずかしいです・・・。

 

  人工臓器のおかげで延命が可能になったり、生活の質が向上して、患者さんが

  生きている喜びを実感できるようになるのは素晴らしいことだと思います。

  人工臓器の研究、開発の目的が

  「苦しんでいる人たち、困っている人たちを助けるため」なんだということが

  講義を聴くことでよく理解できました。

 

  人工臓器がこんなにも進歩していると、臓器が使えなくなったら

  あたかも機械の部品を取り換えるかのようにして

  人工臓器を用いることができる、つまり人間は機械なのか?という考え方も

  生じてくるわけですが、先生は「人間=機械である」と言いきってしまってる

  わけではなく、それは受講生一人一人の考えに委ねる・・という

  姿勢をとっておられるのだな・・と感じました。



  医学の素晴らしい進歩について教えてくださった締めくくりとして

  「脳も神経も機械か?」

  「人は何のために生きているのか?」

  「身体とは?」

  「人間とは?」

  ということをよく考えて欲しい・・と言っておられました。

  これらのことをと考えると、医学だけではなく、

  哲学、法学、宗教学・・など様々な分野での考え方があるので

  私たち一人一人がしっかり考えなければいけないことだと思います。



  そういうことを考えていると、「どうして人間が存在することになったんだろう?」

  という疑問にぶつかるのですが、私は進化論が信じられないのです・・。

  進化論じゃないなら何を信じているの?と言われると、その答えは

  出てこないのですが、人間が存在するようになった目的や意味が

  あるんじゃないかと思っています。そんな意味や目的を知りたいと

  熱望しているのですが、いつかは知ることが出来るんでしょうか・・・。



  二時限目の講義については、またあらためて記します



      120427_085851.jpg

    加齢医学研究所付近の桜



 後ろの建物は東北大学病院です。私が勤務していたころはボロボロだったのに

 随分ときれいになったものです!

 携帯で撮った写真なんですが、いつもいつもヘタクソで嫌になります。

 天気が悪かったので、桜もなんだかショボンとしています。





  

  
  

スポンサーサイト
[ 2012/04/30 09:35 ] 日記 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。