スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

可愛過ぎます・・・

今日は二回目の更新になります。

やらなくちゃいけないことは沢山あるけれど、

今日はノンビリしようと決め込んで、懐かしい動画やお気に入りの動画を

たくさん見て聴いて、一緒に歌ったりしてました。








最近のお気に入りのCMもありました。

可愛すぎて、可愛すぎて・・・癒されます













 
スポンサーサイト
[ 2012/06/10 14:42 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)

堤焼

仙台藩ゆかりの堤焼

300年の伝統を今も伝えています。

その唯一の窯元である乾馬窯は、東日本大震災で大きな被害を受け

4基あったすべての窯と大半の作品が大破してしまったんだそうです。

でも食品メーカーの援助で一基の窯の修復が行われ、先日火入れ式が行われたと

6月6日と10日の河北新報に記事が載っていました。



堤焼は、黒と白の釉薬をかけ流した「海鼠釉」というデザインが特徴的なんだ

そうです。



   namako.jpg


   (画像は乾馬窯さんのHPからお借りしました)



私は仙台に住んでいながら、堤焼は名前を知っているくらいで、

どういうものなのかは全くと言っていい程、何も知りませんでした。

でも大好きでたまにお出かけしている「まめ坊」というコーヒー屋さんで

堤焼のカップを使わせてもらい、すっかりファンになってしまいました。



   120530_132525.jpg

   
  「まめ坊」さん  仙台市青葉区の米が袋というところにあります



   120530_123930.jpg


   カウンター席からは眼下に広瀬川が広がります


コーヒーは美味しいし、お店の方は優しくて感じがいいし、

全体の雰囲気は大人のナチュラル感・・・って感じで落ち着きます。

私の癒しのコーヒー屋さんです。



それからというもの堤焼のコーヒーカップが欲しくて、折に触れて色々と探して

みたのですが、なかなか運命のカップには巡り会えません・・・。

それで思い切って窯元に行ってみることにしました。乾馬窯です。

窯元なんて今まで一度も行ったことはなかったし、行くことに躊躇もしましたが

(なんとなく焼物に関する知識のある人じゃないと行っちゃいけない気がして・・・)

でも実際に行ってみると、まだお若い方が(乾馬さんの息子さん)がとても丁寧に

応対してくださり、私の緊張感もすぐに解れました。

窯元に伺った4月当時は、震災で窯や作品が被害を受けてしまったことなどをお話

してくださいましたが、まだ新しい作品は焼けない状況だったので、今回の火入れは

私も本当に嬉しかったです。



   DSC00840 (2)


   買ってきた堤焼のコーヒーカップです


薄いベージュピンク色の美しいカップです。

不思議なことに日の光の加減でうっすらと青みがかかり、ホントに綺麗なんですよ。

とても気に入っていて、毎日のようにこのカップでコーヒーを飲んでます。

このカップで飲むと、コーヒーが美味しくなります。



仙台の工芸品も素晴らしいなあ~。

仙台箪笥も大好きで、先日は門間箪笥店さんの仙台箪笥伝承館というところで

目の保養をさせたていただきました。

仙台箪笥欲しいなあ~

でも高価なのでポンとは買えません。

いつかは手元に置けたらいいなあ・・・。








   


[ 2012/06/10 11:37 ] お気に入り | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。