スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビミョーなお年頃

以前から貧血でしたが、先日の検査の結果、

貧血の判定に使われる血色素量とヘマトクリット値が、

正常の人の半分ぐらいしかありませんでした・・・。

ひどい貧血の割には普通に生活できているのは、

慢性的にどこからかダラダラと出血していることが考えられ、

そのため身体が貧血の状態に慣れてしまっている・・・適合してしまっているからなんだそうです。

もしどこからかダラダラと出血しているなら、出血部位を突き止めて治療しないといけません。




実は去年の11月の生理が凄く重くて、

びっくりするくらいの出血量で、一ヶ月も続きました。

その時は、動悸、息切れ、脈が早くなり、耳鳴りもしていたので、

ホントは診察してもらって止血剤でも注射してもらわないといけなかったんだけど、

婦人科を受診するのが嫌で、放置してしまったんです。

だから貧血の原因として一番思い当たるのが婦人科系の病気だったので、

まず最初に婦人科を受診しましたが、特に異常は見つからなかったので、

月経血が多かったのは更年期の症状なのではないか?ということで、鉄剤を処方されました。

婦人科じゃないなら消化管からのダラダラ出血??

次は胃カメラとか大腸の内視鏡・・・?

子宮癌検診も、胃カメラも、大腸内視鏡も(これは受けたことはありませんが)

怖くて痛くて大嫌いです。(好きな人なんていないと思うけど)

できればみんな全身麻酔で受けさせてもらいたい・・・。




お産の時、私はあまり呻き声もあげなかったので、

助産師さんから「まあ〜我慢強いのね。」と褒められたのですが、

それはあまりの痛さに恐怖で声が出せなかっただけであり、

ホントは極度の怖がり、痛がりです。

胃カメラ、大腸内視鏡、受けないとダメなのかしら・・・と、ジタバタしています。




更年期障害やら、身体の不調や衰えを急に感じるようになってきたビミョ~なお年頃ですが、

上手に付き合って乗り越えたいですね。

実は検査項目であと一つ引っかかった項目があるのですが、

次回のブログに書くことにします。




生理とか、婦人科とか・・・あまり気にしないで書いてしまいましたが、

看護師なのでこういう話題に抵抗がなく、意識しないで書いてしまいました。

不快な思いをしてしまった方がいたなら、申し訳ありませんでした。




     120427_085758.jpg



私が「スマート・エイジング・カレッジ」の講義を受けている加齢医学研究所には、

女性専用のフィットネス・ジムのカーブスがあります。

これから健康に歳を重ねていくには、ウォーキングのような有酸素運動だけではなく、

ある程度の筋力トレーニングも必要なんだそうです。

私は完全な運動不足・・・カーブスにでも通おうかな・・・。











スポンサーサイト
[ 2013/02/27 11:48 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

久しぶりのDVDレンタル



何年かぶりにTSUTAYAで映画のDVDをレンタルしました。

私はエマニュエル・ベアールがとっても好きなので

彼女見たさにセレクトです 




     4949478181537.jpg



「エレベーターを降りて左」



1988年の映画なので、もう25年も前の映画です。

フランスのドタバタのラブ・コメディーですが、

内容としてはちょっと・・・今ひとつ物足りなさを感じました。

でも若かりし頃の可愛くてセクシーなエマニュエルが見られただけで満足です。




エマニュエルは色んなタイプの役柄を演じていますが、

個人的には「フランスの女」や「愛を弾く女」のエマニュエルが好きです。







     
[ 2013/02/19 16:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ダメだ・・・

今日はダメだ。

何にもやる気の出ない日です。

でも、あの脂汗の出るような、冷たい汗がザーッと出るような

何とも言えない気持ちの悪い焦りがないから

随分楽です。

お風呂掃除はなんとか済ませて、あとはソファーでジ~っとしてます。

“何でこうなんだろう・・・”と自分を責めるとドツボにハマるから

こういう日もあるさ・・・と動かないでいました。




何日か前に買ったサラ・ブライトマンのCDを聴いてみました。

(買ったのはいいけど聴く気になれずにそのままでした)



        130209_141614.jpg



サラ・ブライトマンの「ドリームチェイサー」



        130209_141926.jpg




何かとても大きなものに包み込まれるような

とっても安定感・安心感のあるアルバムでした。

大好きになりそうです。


[ 2013/02/09 14:54 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ちょっとした仕組み

何日か前のニュースを見て、ちょっと考えることがありました。




ある高齢のご夫婦が、二人でラジオ体操をすることにしたんです。

近くの公園で体操をしていたら、

ラジオの音を聞きつけて近所の人たちが何人かやってきて、

自分たちも参加させて欲しいと言ってきたんだそうです。

時がたつにつれて参加人数が多くなり、そこで銘々友達の輪が広がってゆきました。

そのうち夏休みの子供会のラジオ体操みたいに出席簿をつけることになって、

そうすると“あれっ・・・?○○さん、三日もきてないな・・・”と気がつくわけで、

“どうしたんだろう・・・”と心配になって安否確認のために自宅を訪ねてみるんです。

自然の流れで発生したセーフティ・ネットですね。




ラジオ体操が終わると、近所の人同士おしゃべりしながら帰るのですが、

みんな笑顔でとっても楽しそうでした。

ある人はニュースのインタビューに答えて、

(みんなでこうして体操をしたりおしゃべりをしたりすることが)

「生きる力になります」とおっしゃっていたのが、とても印象深かったです。





コミュニティとか絆とか、人と人との繋がりを大切にしたいという人が増えています。

そのために様々な工夫がなされていますが、

準備が大変だったり大掛かりな仕組みが必要なわけではなく、

ちょっとした仕組みと歯車が動くきっかけがあれば

コミュニティはできるのではないか・・・と思いました。




今回のラジオ体操を通じたコミュニティについては

    ・まず最初にご夫婦でラジオ体操でもしようか・・・?と考えたこと

    ・家の庭ではなく公園にラジオを持ち込んで始めたこと

    ・ラジオの音を聴いて“参加させてください”と積極的に声をかけた人がいること

    ・そこに行けば友達がいたり、新しい友達ができること

    ・出席簿をつけたことがセイフティ・ネットに繋がったこと

    ・早朝のこの短い時間が、とても楽しいコミュニケーションの場になっていること

などなど・・・

何が仕組みで何が歯車となったのかは明確には分析・分類できないのですが、

ちょっとした仕組みがコミュニティを形成した、素晴らしいケースだと思います。




今回の例は自然発生的にできたコミュ二ティですが

始める人にとっても参加する人にとっても、敷居が低くて負担が少なくて、

大掛かりなことではなく

ちょっとした仕組みと歯車が動き出すきっかけを考えられる人生み出せる人・・・

そういう人が組織力のある人と言うんだろうなあ・・・

なんて、考えさせられました。







[ 2013/02/02 11:25 ] 考えたこと | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。