スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりのフレグランス



ビミョ~なお年頃の私は

ビミョ~な不調に悩まされることがあります。

つい先日は、何でもないことに突然イラッ・・・とくる発作のようなものに見舞われ

(イラッ・・・よりも、あっ!嫌っ!!という突然の感情です)

それは何日も続いたので困ってしまいました。




その時フッ・・・と、ローズとかゼラニウムの精油の香りを嗅ぎたくなりました。

ローズやゼラニウムの精油に含まれるゲラニオールには

情緒を安定させて幸福感を与えるような作用があるので、

無意識にその香りが恋しくなったのかもしれません。




でも、しばらくの間アロマテラピーから遠ざかっていたので、

ローズの精油もゼラニウムの精油も持っていません。

そんな時、若い頃に好きでつかっていた香り

イヴ・サンローランの「PARIS」を思いだし、

猛烈に欲しくなってデパートに行きました。




サンローランの綺麗なお姉さんに、恐る恐る

「もうかなり前に発売されていた香水なんですが、パリってありますか?」

と尋ねたところ、あったんですね!

今でも根強いファンもいる香りで、

長年様々な香りを試した挙句にこの香りに戻ってくる人や

この香りを嗅ぐと昔を思い出す(バブルの香りなんでしょうか?)と言う人も

いるんだそうです。




     130329_100035.jpg


明るくて華やかな香りですが、

トップノートはフレッシュな果物みたいな甘い香り・・・

そしてラストノートは、深い包容力のある甘い香りに変化していきます。

何だか女性の一生みたいだわ・・・。



こういう状態で人に会ったりするのが辛いので、

家でマイペースに過ごしていました。

早く元気になりたいです。









スポンサーサイト
[ 2013/03/29 17:51 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。