スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スマート・エイジング・カレッジ

5月25日のカレッジのおさらいです。



1時限目

 「アレルギーの仕組みと免疫の不思議」

 東北大学加齢医学研究所 遺伝子導入研究分野  高井俊行教授



免疫もアレルギーも本当に難しいです。でも顕微鏡下でのミクロな世界の写真や

豊富な図や表・・・などを用いながらとても分かりやすく詳しく教えていただきました。

まだまだ解っていないこともたくさんあるようで、今後の研究の発展が期待されます。

アレルギーや自己免疫性疾患などで苦しんでいたり、アナフィラキシーショックで

生命の危機にさらされている・・などの患者さんが救われるようにと願います。



学んだことはたくさんあるのですが、その中でも養蜂家の人たちについての話が

印象深かったです。養蜂家の人たちはもちろんハチに何度も刺されたりするわけ

なんですが、毎年春から夏にかけて、ハチ毒に特異的に反応する

「レギュラトリーT細胞」という細胞が増えるんだそうです。この細胞にはハチ毒による

炎症を抑える働きがあり、養蜂家の人たちにとって、とてもありがたい細胞ですよね。

感染症で自然に獲得してゆく抗体という仕組みも勿論ありますし、

減感作脱感作という療法も存在しますが、私が“へえ~!”と驚いたのは、

養蜂家が毎年蜜を採集する時期に・・この時期に自然とこの細胞が増えてしまう

ということです。しかも人為的には、つまり科学の力をもっても、

この細胞を増やす方法はわからないんだそうです。

ヒトのからだは不思議で、なんて素晴らしく出来ているんでしょう!



それからもう一点・・・こどもを花粉症にしない方法です。



1.生後早期にBCGを接種させる

2.幼少期からヨーグルトなど乳酸菌食物を摂取させる

3.小児期はなるべく抗生物質を使わない

4.猫、犬を家の中で飼育する

5.早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす

6・適度に不衛生な環境を維持する

7.狭い家で、子だくさんの状態で育てる

8.農家で育てる(家畜の世話などで自然免疫の獲得)

9.手や顔を洗う回数を少なくする



つまり、あまりにもキレイキレイな環境で育てるのはかえってよくない・・・

ということですよね。除菌とか抗菌とか、あまりにも現代人が綺麗好きになったために

アレルギーが増えた・・というのはホントだったんですね。

でも都市生活を送っている家庭では無理なこともありますし(農家とか子だくさんとか)

講師の先生も、汚い環境のほうがいい・・と言っているわけでもないので、

何事も適度に・・・が大切なんですね。

ちなみにこちらは0~5才位までの乳幼児が対象で大人は対象外です・・・。



私は息子が小さい時はかなり衛生に気をつけて育てました。

息子が汚いものに触れるのは我慢できずに、ヒステリーを起こさんばかりでした。

高校生になった今でも、息子が学校から帰ると反射的に

「まずは手洗いとうがいね!」とか「汚いから制服早く脱ぎなさい!」とか

言ってしまいます・・・。

かなり神経質に育ててしまったのに、息子は床に落ちたものでも平気で食べるし、

外を走ってきた自転車を、タイヤも拭かずにそのまま自分の部屋に上げて

整備するし(私はこれが大嫌い!) 

部屋は汚いし・・・

でも正直言って、私のように神経質にならなくてホッとしています。



次回は二時限目のおさらいをしたいと思います。











<
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moonpeach22.blog7.fc2.com/tb.php/111-c237fe9c


まとめtyaiました【スマート・エイジング・カレッジ】

5月25日のカレッジのおさらいです。1時限目 「アレルギーの仕組みと免疫の不思議」 東北大学加齢医学研究所 遺伝子導入研究分野  高井俊行教授免疫もアレルギーも本当に難しいです。でも顕微鏡下でのミクロな世界の写真や豊富な図や表・・・などを用いながらとても分...
[2012/06/08 10:26] URL まとめwoネタ速neo





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。