スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スマート・エイジング・カレッジ

 
前回のブログの続きです。



6月8日

二時限目 「人は血管とともに老いる?」

 東北大学大学院医工学研究科教授 西條芳文先生



動脈硬化には加齢が影響していますが、血管の炎症も関係しているそうです。

LDL、これは悪玉コレステロールと呼ばれていますが、この値が上昇すると

動脈硬化を促進すると言われています。

こちらのもう少し詳しいメカニズムですが

(とは言ってもとっても複雑なので、私が理解した範囲内でお伝えします。

いつもいつも申し訳ないのですが、興味のある方はご自分でも調べてみてくださいね)

血管内のLDLは酸化LDLになるのですが、この酸化LDLを身体は敵と

みなして免疫系(単球やマクロファージなど)がこれを攻撃します。酸化LDLを

貪食したマクロファージは泡状細胞となり、この細胞の死骸が血管内壁に

へばりついて炎症(腫れ)がおこり、血管内腔を狭くして動脈硬化の一因と

なるんだそうです。

動脈硬化の原因としては高血圧や高脂血症があると知られていますが、

血管内壁の炎症とは認識したことがなかったので、とても勉強になりました。



また、心臓の検査として、冠動脈(心筋に酸素を供給する動脈)を3D映像で

診ることができる「冠動脈CT」、現在開発中の「パラメトリック・イメージング」

(血管壁の硬さや脂肪の沈着などの様子が色でわかるものです)

それから開発した超音波装置を持ってきてくださり、実際の頸動脈エコーを見学する

こともできました。



私たちが日常生活で気を付けなければいけないのは、メタボリック・シンドロームの

予防と治療です。食事も大事なのですが、運動も同じぐらい大事なんだと

認識を新にしました。

無理な運動で身体を壊したり、三日坊主にならないように適度な運動を毎日

コツコツ続けていくのが大切です。

何事も“毎日コツコツ”が王道なんですね・・・。



私は運動があまり好きではないし得意でもありません。

もし始めるとしたらダンス系が楽しそうだなあ・・・バレエがしたいなあ・・・

なんて思うのですが、そうなると痩せるまでレオタードは着たくないし、

いつまでもぐずぐずしてなかなか始められないので、ウォーキングなどが

手っ取り早いし、毎日コツコツの王道なんでしょうね。

まだ子供が小さい頃、ポスティングのバイトをしていたことがあるんですが、

週に二回、一回につき2~3時間速足で歩いてチラシ配りをしていたところ、

半年で体脂肪率が5パーセントも下がりました。

歩くのってやっぱり効果があるんですね。





スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moonpeach22.blog7.fc2.com/tb.php/119-55fbac51


まとめtyaiました【スマート・エイジング・カレッジ】

 前回のブログの続きです。6月8日二時限目 「人は血管とともに老いる?」 東北大学大学院医工学研究科教授 西條芳文先生動脈硬化には加齢が影響していますが、血管の炎症も関係しているそうです。LDL、これは悪玉コレステロールと呼ばれていますが、この値が上昇...
[2012/06/22 16:48] URL まとめwoネタ速neo





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。