スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ぎっくり腰?

ぎっくり腰なのか・・・?腰を痛めてしまい、ブログの更新も出来ませんでした

おかげ様で今はだいぶ楽になりましたが、

痛くて寝返りも打てないので睡眠不足が続き、辛かったです。

くしゃみも思い切りできないし、笑うと腰にひびいて痛~いです。

出来るだけ笑わないように努力するのですが、

どういう訳かちょっとしたことが可笑しくてたまらず、

まるで14~15才のオンナノコに戻ったように、

「痛~い!笑わせないで!!」と息子に弱々しく叫びながら、

何かにしがみつきながら笑い転げてました。

(しがみついていると痛みが楽だったんです)



話は変わりますが、今「ミュージック・フェア」で徳永英明さんが

「壊れかけのradio」を歌ってました。

思春期の男の子特有の、繊細でみずみずしい心情が歌われているんですね。

昔観た映画「スタンド・バイ・ミー」を思いだしました。

あの映画を観ながら、“男の子はこうやって大人になっていくのかなあ・・・?”

なんて、漠然と思ったものです。

でも、所詮女の私にはわからないことなのかもしれません。



男の子って可愛いし、やさしいなあ・・・と思います。

息子を見ていてもそう思います。

女の子は小さい頃から、どこかこう・・・すでに大人であるような気がします。

女の子も男の子同様に可愛いのには変わりないのですが、

早く大人になってしまうから何だか可哀想・・・。

でも、もし生まれ変われるとしたら・・・今度も女がいいです。



でも今度は人(主に男の人)に気に入られようとしてではなく、

自分が自分を好きになれるような生き方をしたいです。

かつて私は筋金入りのぶりっこだったので・・・ ぶりっこはもう嫌です。



若い人には信じられないような話だと思いますが、私がまだ10代の頃は、

“大卒の女の子よりも短大卒ぐらいのほうが、結婚できやすい”とか、

“自分より頭のいい女の子は、男の人は好きじゃない”なんて風潮があったんです。

というか・・・あったと思うんです。

だから私は一人では何にも出来ない、か弱い女の子をどこか演じてました。

バカみたいです。

まさにブリブリぶりっこです

(ぶりっこ・・・ってもう死語なんですか?)



以前のブログにも記したのですが、私は明治男の父に育てられ、

父は男尊女卑を地でいくような人だったので、誰にそう言われたわけでもないのに

わたしがそう勝手に思い込んでしまったのかもしれません・・・。

でも時代は変わったって、今でも、今だからこその、

男の人、女の人、それぞれの生きづらさがあるんですよね・・・。



話が大幅に脱線してしましました・・・ごめんなさい。

腰の痛みも良くなってきたので、近いうちにまたブログを更新したいと思います。





スポンサーサイト
[ 2012/07/28 19:15 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moonpeach22.blog7.fc2.com/tb.php/128-f8bb10cd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。