スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーデコロン作り

次回のアロマテラピーサークルでは、オーデコロンを作る予定です。

私自身、しばらくオーデコロンは作っていなかったので、

予習を兼ねて作ってみることにしました。



まず頭の中で香りのイメージを思い浮かべます。

今回はぶどう・・とびきり甘いぶどうをイメージしました。



最初に思い浮かんだ精油は、クラリセージです。

クラリセージは、昔ドイツでワインの香りづけに使われていた、

というだけあって、甘くて芳醇な香りはぶどうにピッタリです。

ただこの香りは、人によって好き嫌いが分かれるかもしれません。

私は“甘い紅茶の香り”というイメージを持っていて好きなのですが、

人によっては“シロップ薬みたい”とか、

“キツイ匂い”とか、あまり好ましい印象を持たないようです。

クラリセージの香りを、“おばあちゃんの家のタンスの匂い”

とか“シソの匂い”とか表現する人たちもいました。

香りのイメージは、本当に人によって千差万別で面白いです。



話を精油のブレンドにもどしますね・・

“ただ甘いだけじゃなく、うっとりと陶酔するような深みが

欲しいわ・・”と思い、パチュリをほんの少量加えます。

さらに“ぶどうのえぐみも少し加えて香りをまとめたいな”と、

プチグレインも入れてみることにしました。


  
  出来上がったレシピは次のとうりです。

    ・パチュリ   1滴

    ・クラリセージ 3滴

    ・プチグレイン 4滴



サークル会員の皆様の中には、精油を使い慣れていない方も

いらっしゃいますので、

今回はシンプルに3種類の精油で香りをまとめてみました。

これを1~2週間寝かせてから使います。

寝かせている期間は、一日一回やさしく混ぜて、

香りをなじませていきます。

出来たては、プチグレインの香りが少し強めに出てしまい、

“ぶどうというよりミカン系?”という気がしないでもないのですが、

寝かせているうちに、まろやかな香りに変わっていくことを期待して・・。

今から使うのが楽しみです。



スポンサーサイト
[ 2008/09/17 15:09 ] アロマテラピー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moonpeach22.blog7.fc2.com/tb.php/13-6b074eba







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。