スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スマート・エイジング・カレッジ



7月13日 二時限目

 「がんと染色体異常」
 
 東北大学加齢医学研究所分子腫瘍学研究分野教授 田中耕三先生




がんがどのようにしてできるのか?という疑問を、染色体というミクロな世界の

観点から詳しく教えてくださいました。

固形癌の90%、血管系腫瘍の75%で染色体数の異常が見られ、

“癌とは染色体が異常になる病気”とも言えるのだそうです。

染色体異常を持つ細胞の多くは、修復されたり自滅したりして除かれますが、それでも

除かれなかったごく一部の細胞の中からがん化するものが現れ、やがて悪性化するという

ことでした。




がんを防ぐための日常生活のための心がけとしては、やはり

・バランスのとれた食生活

・適度な運動

・適切な体重維持

・お酒はほどほどに

・塩辛い食品は控えめに

・定期的ながん検診

・がんについての正しい知識を得る

・たばこは吸わない

・他人のたばこの煙をできるだけ避ける


・・・などなどがありますが、特に他人のたばこの煙(副煙流)が、やはり非常に恐いそうです。

たばこの煙は、がんの原因の30%に当たる・・・とも言えるそうです。




現在では乳癌や肺癌などに対しての遺伝子レベルでの治療も行われているそうですが、

異常な染色体ができた!ということを感知する人体の仕組みは

まだ発見されてはいないのだそうです。

このような仕組みが発見され、検査方法も確立されれば、がんの早期発見、早期治療に

ものすごい進歩がもたらされるのではないかと思います。




講師の先生はまだお若い先生でしたが、本来なら分かりにくい染色体が分かれる仕組みや

染色体の数が保たれる仕組みなどを、お子さんの可愛らしい色とりどりの靴下

(対になっているので分かれる仕組みが理解しやすい)を使って教えてくださったり

演壇の中央まで進み出て、語りかけるような静かな口調・・・しかし熱意を込めて

講義してくださいました。

とても穏やかで謙遜な佇まいに、気持ちまで爽やかになりました。




カレッジも今は夏休みですが、9月からの開講も楽しみです。










   
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moonpeach22.blog7.fc2.com/tb.php/132-464a884c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。