スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

狂言

息子の高校で芸術鑑賞会というものがあって、生徒たちに混じって狂言を観てきました。

高校生が古典芸能に興味がわくのかな?楽しめるのかな?と気になりましたが、

狂言師の方が演目上演の前に、狂言の基礎知識をとても楽しくレクチャーしてくれたので、

とても面白く、そして興味深く観ることができました。

狂言を観るのは初めてだったのですが、生徒や先生たちと一緒にゲラゲラ笑ったりして、

とても爽やかな気分になれました。

「板につく」や「ひのき舞台」などの言葉は、能や狂言などの古典芸能に

由来するそうですよ・・・。

知らなかったことを教えてもらうと、一つ賢くなったみたいで嬉しいです。

言葉の由来を詳しく説明してもらいましたが、それを書くとブログが長くなってしまうので

興味のある方は調べてみてくださいね。




楽しかったとはいえ、ずっと笑ってばかりいたわけではなく、

狂言師がスッ・・・と立ったりするだけでも、美しい静かな威厳があり、

私たちの目は舞台に吸い寄せられ、釘付けになります。

それから、木の板の舞台と金の屏風だけしか置いていない舞台なのに、

不思議と場面の風景が見えてきたりするのです。不思議です。

狂言師さんの、長年の厳しい鍛錬の賜物なのでしょうね・・・。



狂言はとても好きになったので、また観に行きたいです。




朝晩とめっきり冷え込むようになってきました。

11月に入るまで暖房器具は出さないつもりでしたが、

今日は石油ファンヒーターの簡単な掃除と点検をしました。

明日の朝はきっとファンヒーターを点けちゃうと思います。 



スポンサーサイト
[ 2012/10/22 12:03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moonpeach22.blog7.fc2.com/tb.php/144-ed37e9a9







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。