スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

通販生活の付録・・・これは付録レベル以上のものでした


通販生活というカタログを購読しています。

でも商品を購入することはほとんどなく、眺めて楽しんでいる感じです。

2013年春号には付録が付いていました。



       130116_113212.jpg



「みえない雲」というDVDです。

2006年公開のドイツ映画です。



DVDにある解説を抜粋すると

  
  
    1986年におきたチェルノブイリ原発事故の翌年にドイツで発表され、

    大きなセンセーションを巻き起こしたベストセラー小説を完全映画化!

    ・・・チェルノブイリ原発事故から20年。原発事故により引き起こされる

    極限状態の恐怖を克明に描いたドイツ映画。



と書いてあります。




公開されてから7年・・・その間に福島第一原発のメルトダウン事故が起こってしまいました。

原発は早くなくなって欲しいけど、

私は「原発反対!」と拳を挙げるタイプでもなく、のらりくらり・・・。

何だかいつでもぬるま湯に浸かっているようなタイプです。

でも東日本大震災を経て思うことは、

やっぱり人間には手を出してはいけないことがあるような気がします。

どんなに科学や文明が進歩したとしても、

人間が手を出しては、手をつけてはいけないことがあると思います。

核・・・もその一つなのではないかと思っています。

人間には(勿論私にも)もっと謙遜さと敬虔な畏れが必要なのでは?と思います。




この映画は本当に怖かったです。

福島と重なり、とても映画とは思えず、また人ごととも思えませんでした。

私はこの映画のことは今まで何も知らなかったのですが、

日本でも公開されたようなので、ご覧になったかたもいるかもしれません。

まだご覧になっていないかたには、是非観てもらいたいです。






スポンサーサイト
[ 2013/01/16 12:32 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moonpeach22.blog7.fc2.com/tb.php/155-22584cdb







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。