スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出会い

 

昨日の夜、

ぼーっとしながら「世界ふしぎ発見」を見ていたら、

黒柳徹子さんが、日本画家の堀文子さんという人に会いに行く・・・という

シーンがありました。

堀文子さんという方について見聞きしたのはこれが初めてでしたが、

・・・96才?・・・生命感に溢れ、とても美しい。

発する言葉の一つひとつにも驚きと輝きがあり、

朦朧とした頭がクリアになった私は、じっとテレビを凝視しました。




印象的なシーンとその言葉を思い出してみると

  モットーは  「群れない 馴れない 頼らない」

  「死ぬまでビックリしていたい』

  「年をとる程わからないことが増えるので忙しい」

  座右の銘は?と質問したレポーターに対しては・・・

     「座右の銘なんかあったら、それに縛られて窮屈」・・・と。




私はすかっり参ってしまい、ネットでちょっと堀文子さんを調べてみました。

著書「ひとりで生きる」の紹介もされていて、その中では

“自由は命懸けのこと”という言葉が衝撃的でした。




『群れない 馴れない 頼らない』

群れない・・・

 私は昔から群れるのが苦手です。

 特に中高年の女性が群れて行動しているのを見ると、恐いものさえ感じます。

 でも私もきっと人から同じように見られているのだと思います。

 気をつけないと・・・と思います。


馴れない・・・

 私も堀文子さんのように、いつもビックリしていたいのです。

 わからなかったことが分かって

 “あ〜・・・そうだったのね!“と腑に落ちた瞬間がすごく幸せです。

 また、すぐにもっと深く知りたくなって、

 こちゃこちゃ調べるのもすごく楽しいことです。

 でも『馴れる』というのは楽なことでもあるので、

 そこから一歩出てゆくのには大きな勇気が求められ、

 悶々としながらも、ぬくぬくとしたその「馴れ」から出ることが出来なくなってしまいます。


頼らない・・・

 私はものすごく人に頼っていると思います。

 頼るなら頼るで、気持ち良く頼ればいいのに、

 頼っている・・・という後ろめたさをぬぐえず、

 いつもグズグズしている、中途半端で情けない人間だと思います。




堀文子さんの『ひとりで生きる』を図書館で予約しました。

凛々しく潔く生きていきたいです。



 



 






スポンサーサイト
[ 2014/09/14 13:23 ] 考えたこと | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moonpeach22.blog7.fc2.com/tb.php/186-b6e98c33







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。